Hulu 国内ドラマ

ドラマ幸色のワンルーム第6話の結末のネタバレと動画視聴方法は?

ラマ「幸色のワンルーム」第6話のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。

以下、核心部分のネタバレが含まれます。

しかし、自分で視聴したい!という方はHuluで実際に視聴する(2020年5月20日時点)ことをオススメします。

 

 

第6話「最初の嘘」のあらすじ・結末までのネタバレ

幸の決意

3ヶ月前、幸はクラスメイトから陰湿ないじめを受けていた。

机に「死ね」と書かれ、 幸はひとり雑巾で机を拭く。

放課後、担任の形切からは「あーかわいそうに、僕が愛してあげるからね。だから、安心してね」と性暴力を受けていた。

さらに、幸が自宅に帰ろうとしても、ドアに鍵がかかったままだった。

 

幸はその瞬間、家も今までの自分も全部なしにして、自分のために生きようと決心する。

すると、幸はまるで糸が切れたマリオネットのように歩き出す。

そんな幸の様子をお兄さんはずっと見ていた。

そして、お兄さんは幸にはちゃんと意思があったことを感じ、自分の死にたい以外になかった興味が幸に移っていた。

幸が夜道を歩いていると、警察官から「ねぇ君、 こんな時間にどうしたの?家出じゃないよね?」と話しかけられる。

幸は「塾の帰りです。受験生だから。終電あるんでもういいですか?」と言って、また1人歩き出す。

 

幸は途中で子猫を見つけ、「あなたの家はないの?私と同じ。血の繋がってる人はいたけど、あの人たちは親じゃなかった。だから、何もかも全部捨ててきた。これから数日はみんなが普通にやってることをしたいと思う。お散歩したり、お店見て回ったり、電車にも乗ってみたいけれど、やり方がわかんないな。でも自分のできる範囲でやりたいことを全部やる。そしたら、死のうと思う。私には未練も可能性もないから生きてたって無駄だし・・・じゃあ~親がいない者同士頑張ろう」と話しかけ続けるのだった。

お兄さんはその時初めて、幸が自分と違っていたことが分かる。

幸には自ら地獄から逃げて、自らの人生を終わらせる決意があった。

それは、死にたいと思っていても、勇気がなくて死ねないお兄さんとは正反対であった。

しかし、お兄さんはまだ心のどこかで、幸が死のうと思ったのは口だけであって、自殺直前に怖気づいて死ねない、あるいは結局死ねずに自分と同じように苦しむということ期待してたため、その場を離れることができなかった。

 

自殺直前までの幸の行動

翌日から幸は色んな店を見て回る。

しかし、幸は普通のことを楽しもうとしてもできない。

お兄さんは世界から少しずれてる幸を見て、このまま何もかもうまくいかなければいいのにと思っていた。

 

----------------------------------------------

幸がその時入ったお店の店員は後に刑事の竹下と谷本から幸に関しての聞き込み調査を受ける。

その時、幸の後をつけていたお兄さんのことを「 派手な髪をしていて、マスクしていました。だから顔までは・・・」と証言している。

------------------------------------------

そんな時、お兄さんのスマホに事件のニュースが入る。

それは幸が行方不明者として捜査されているニュースだが、夜8時に行方不明と報道されている。

しかし、お兄さんは幸が家出をしたのは夜10時過ぎだったことを覚えていたため、違和感を感じていた。

さらに、警察は誘拐事件として扱っていることにも疑問を感じていた。

幸は川岸に行き、夕日を見る。

すると、こないだの子猫が幸のもとにやってくる。

 幸はその子猫に「 やりたいことやるって難しいね。お散歩もお買い物も何もできなかった。 というより、思ったより楽しくなかった。きっと私が普通じゃないから、みんなが普通にできることもできなかったし、みんなが普通に楽しいことが楽しくなかったんだよ。 全部私のせいだね。お前もそう思うか?」と語りかける。

さらに、幸は「この前はやりたいこと全部やって死ぬって言ったけど、やっぱりあれは取り消すね。やりたいことができなかったから死ぬよ。何もできないのにただ生き続けるなんて私はもうしたくない。生きてることに苦しみたくないんだ!」とも話しかける。

子猫が幸のもとを離れると、そこには親猫がいた。

「なんだ、親いたんだ。家を出て今日で何日経ったんだろう?まあ、どうでもいいか。もう終わるんだし。」と言って、幸は川の中に入っていく。

その様子を見ていたお兄さんは、 なんとか幸の自殺を邪魔したかったが、 自分が邪魔したところで幸は揺るがないだろうと思う。

だから、お兄さんはそのまま去ろうとするが、思い入れのある夕焼けを前に死なれるのは少しバツが悪いと思い、幸の自殺を止めるのだった。

誘拐の真相

幸が「誰?」と聞くと、お兄さんは「危ないよ。」という。

幸は「迷惑です。」と言うと、お兄さんは「僕は君のストーカーだ。君の事情もだいたい知っている。だから、自殺されるくらいなら、僕は君を連れて逃げようと思う。」と言う。

その時のお兄さんは幸から直接否定してもらおうと思っていた。

お兄さんは「自分と幸は決定的に違う。幸は他人に興味がない。だから、自分の言葉なんかで幸は自身が決めた選択を曲げない。だから、僕を無視してそのまま身投げする。それでストーカーも盗撮も止められる。全てが終わる。」と考えていたのだ。

だが、幸は「本当ですか!?じゃあ、私のこと助けてくれるって事ですよね?」と答える。

お兄さんは 「君、誘拐の意味知ってる?」と聞くと、幸は「知ってます。だから、嬉しいんです。誘拐は犯罪です。見つかれば、捕まるのはあなたです。でも、そんな大きなリスクを背負ってまで私自身が捨てようとした人生を拾ってくれるということですよね?嬉しいに決まっています。」と言う。

お兄さんはそんな答えが返ってくるとは思わなかった。

けれど 、それが幸の本心じゃないのはすぐに分かった。

でも、その時、お兄さんはここで本当に誘拐すれば、幸の自殺は失敗に終わることに気付き、「わかった。君がいいならついてきて。」と答えるのだった。

幸は 「やったーうれしい!お兄さん、よろしくね。私、何でもするよ。イライラしたら、殴ってもいいし、無視したっていいし、5日くらいなら食べなくても水があれば大丈夫だし、好きに使って!」と言う。

だが、お兄さんは「じゃあ、僕の部屋行ったら、自由に過ごしてもらうよ。鍵は回せば出れるようにしとくから、好きに出て行っていいし、家にあるもの食べていい。それと・・・」と言うと、幸は「 待って、何もしなくていいって、どうして?」と尋ねてくる。

お兄さんは「君のことが好きだからだよ。」と答える。

これがお兄さんが最初についた大きな嘘だった。

お兄さんは幸のことが好きで、誘拐したわけではなかったのだ。

そのため、お兄さんは「結婚式はできない」と幸に告げるが・・・・

 

 

 

第6話「最初の嘘」の感想と動画

今回の話では、お兄さんが幸を誘拐した経緯が描かれていました。

その誘拐の真相は成り行きと嘘ということでしたが、お兄さんが嘘をつく心境に至たるまでの心情描写が細かく描かれていて、とても理解できました。

また、幸はクラスメイトからのイジメ、教師からの暴行、家庭内暴力によって、普通の感覚が麻痺しています。

だから、一つ一つの反応がぶっ飛んでいるので、お兄さんでなくても興味深く感じてしまいます。

是非、実際に予想を裏切る幸の反応をHuluで視聴してみてください。

Huluの無料トライアルからの場合、無料で視聴できます!

因みに次回のあらすじは下記のリンクからです。

ドラマ幸色のワンルーム第7話の結末のネタバレと動画視聴方法は?

ドラマ「幸色のワンルーム」第7話「命がけのゲーム」のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。 以下、核心部分のネタバレが含まれます。 しかし、自分で視聴したい!という方はHuluで実際に視聴することを ...

-Hulu, 国内ドラマ

Copyright© エンタメコレクション , 2021 All Rights Reserved.